闇スロットの取締まりの強化について

###Site Name###

闇スロットの取締まりは警察庁によって行なわれており、そのほとんどが垂れ込みに端を発し、捜査して摘発に至るケースが多いです。

毎年のように摘発事例が存在し大都市だけでなく、地方の都市にまで広がりを見せている傾向があります。



闇スロットを開業する理由としては、大きく稼ぐことができる点です。

それだけ射幸心の強い台や換金レートが高いので、遊戯するお客さえ集めれば大きく儲けることができます。


また遊戯するお客も、そういった一獲千金の要素に憧れて打つので、それが可能な場所は聖域だということでひいきにするケースも多く、なかなか摘発されにくい実情もあります。

闇スロットの取締まりを行なう上では、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律が存在します。

まず遊戯メーカーが保通協会にスロット台の試験を依頼し、それによって適合を受けた後にスロット店に納入します。

闇スロットを理解するには正しい知識が必要です。

そして各都道府県の公安委員会が納入されたスロット台の検定申請に基づき検定を行い適合通知を遊戯メーカーに出し、ホールに対しては営業許可を出す仕組みになっています。

闇スロット店では、この適合審査を受けなかったり、適合通知や営業許可のどれか一つかあるいは全部受けなかったりして、営業を営んでいるケースです。当然、適合審査や検定など受けないと、営業許可も下りないので取締まりの対象となることは明らかです。警察庁も闇スロットの取締まりの強化も行なっていますが、逮捕現場はお客さんが店でスロットを打っているタイミングでなだれ込み、摘発する事例が多いです。

togetterの詳細はこちらで簡単に調べられます。

打っていたお客さんも賭博罪として、50万円以下の罰金に処せられます。