東南アジア旅行で使いこなしたいLCC

東南アジアは、物価が安いことや世界遺産も多く残っているので多くの人が旅行の目的地にする場所です。
そして、小さな国が多いために世界遺産も分散している傾向があり、旅行をする際にはできるだけ多くの国を回りたいところです。

グレートバリアリーフについて説明致します。

その方法として近年、利便性が高まっているのがLCC(格安航空会社)を活用した旅行です。

東南アジアの地域にはたくさんの格安航空会社が就航していて、日本円で数千円で様々な都市へ移動することができます。
そのため東南アジア地域をいくつかの国を回る旅行がしたいという人にはぜひ使いこなしたい移動手段です。



格安航空会社は、基本的にハブ空港というのを中心に路線を展開しています。



東南アジアの中心になるのはマレーシアのクアラルンプールとタイのバンコクになります。

この両都市には多数の格安航空会社が就航していて、そのネットワークは東南アジアだけでなく南アジア方面まで広がっています。

そのため、東南アジアの周遊旅行ををしたいという人は、日本からまず両都市へ飛んでそこを拠点とします。

登山ツアーの情報を簡単に探すことができます。

そして格安航空会社を利用して各国へ出入りすると非常に簡単にいくことができます。



クアラルンプールもバンコクも周辺都市まではほとんど2時間程度で移動することができるので日帰り旅行を楽しむことも可能です。

格安航空会社の路線拡充に伴って、これまで安さで陸路を選んでいたエリアも空路を利用しても変わらないような価格もありますので活用するとよいです。